【カラコンの法律規制について】

カラコンは医療機器としての登録されている!

安全なカラコンを選ぶなら

↓国内最大級の品揃え↓

厚生労働省の認可取得済

高度管理医療機器承認

 

カラコンことカラーコンタクトとはブルーやブラウンなどの色が付いているコンタクトレンズの事です。

 

カラコンは普通のコンタクトと違いオシャレを目的にしています。

 

今のカラコンは度数が入ってるものも多くありますが、以前は度数が入っていないものが多かったため薬事法では医療機器として区分されていませんでした。

 

あくまでもおしゃれ雑貨として扱われていたのです。

 

ですので、医療機器でない以上、薬事法に定められた手続きをする必要がなく、利用者もも処方箋等を掲示する必要が無かったんです。

 

これがカラコンが若者を中心に急激に世に広まった要因だと言われています。

 

そしてその若者をターゲットにして、次々にカラコンを扱う業者が増え、それにともない価格競争も激化していきました。

 

それによってネットで安く購入できるというのがカラコンの一般常識になったんです。

 

ところが雑貨である以上薬事関連の注意事項などまったく無視されていたので、粗悪品が大量に出回りそれによって目に害を及ぼす製品が問題になったのです。

 

粗悪品によって失明したという報告もされています。

 

これを受けて2007年に厚生労働省がプロジェクトチームを立ち上げ、2009年に「カラーコンタクトレンズを医療機器とする」と制定されました。

 

これによって、粗悪品もカラコン市場から急激に減り、出回った粗悪品の回収も行われたので制定前と比べて随分被害が減りました。

 

それでもやはり今でも少ないですが粗悪品が出回ったりしているみたいなので、あまりにも激安なところでは購入しないようにした方がいいかもしれません。

 

激安なものが粗悪品だと言う事では無いのですが、やっぱり見極める基準になるのではないかと思います。

 

出来るなら、目の検査をして自分の足でショップに出向いて自分に合うものを購入するのが一番安全だと思います。

 

安全なカラコンを選ぶなら

↓送料無料で選べる↓

厚生労働省の認可取得済

高度管理医療機器承認