人生は失敗してもOKなのか!?

失敗は恐れる必要なかった!

いわゆる“成功者”のひとを見て羨ましく感じる人は少なくないでしょう。

 

しかし、成功者ほど成功するまでに周りの人よりもたくさんの失敗を経験している場合が多いのです。

 

普通の人なら大きな失敗をすると、落ち込んだりやる気がなくなったり

 

多少心が折れてしまいがちですよね。

 

しかし、成功者を見て思うのは、彼らの多くは失敗をいくつも重ねているにも関わらず

 

案外ケロッとしているんです。

 

きっと失敗の意味をよく理解しているからだと思います。

 

普通の人なら人生は失敗を恐れますが、成功者マインドのひとにとって

 

失敗って別に大したことじゃないんです。

 

状況的にもちろん“ヤバイ”と感じるでしょうが、失敗は多くのコトを学ぶチャンスであると知っています。

 

あなたも失敗した時は、絶望するよりもそこから学ぶものに注目してみてはいかがでしょう。

 

人生で金持ちになりたいなら勝負は35歳まで!?

 

40代になったらもう、ちょっと遅すぎる・・・・?

 

人生の勝ち組になるのか、それとも負け組になるのか・・・・

 

それって何気に30代くらいまでにある程度決まってしまうものなんだそうです。

 

確かに、35歳を過ぎていきなり成功者に・・・・って話はないことはないけど、特別なケースですよね。

 

普通の人なら三十代くらいまでにダメ人間になってしまうと、その先更生の見込みはあるものの、お金持ちの成功者に・・・・・っていうのはちょっと難しいです。

 

ですからみなさん、勝ち組になりたいのなら30代前半くらいまでが勝負だと思っておいた方がイイかもしれません!

 

20代はまあ遊んでいてもOK。

 

30代で何を成し得るかで人生は大きく変わります。

 

40歳を過ぎたら、”いまからまじめに・・・”って思ったところで、年齢的にも精神的にもなかなか難しいです。

 

40代から大企業に就職・・・・なんて普通聞いたことないですもんね(-_-;)

 

40代からだと頑張っても得られる結果の最高点が20代30代に比べかなり低い位置になってしまいます。

 

20代で遊んできた人も30代は人生を決める勝負の年代と思って、本気出してみたほうがいいかも!?

 

困ったときの破魔矢はどうなの?

 

その起源たるやかなりの大昔まで遡るそうで、飛鳥時代に中国から伝わり破魔矢の的と射止める呪力があるという縁起が生まれたそうだ。

 

そして平安時代から鎌倉時代にかけて庶民の間に広まっていったとのこと。

 

その効力はもちろん魔物を追い払うことで、とりわけ生まれたばかりの男の子の厄払いに使用されるます。

 

最近ではさらにその追い払うという効果だけではなく、願い事を射止めることでも人気があり、志望校合格から恋人のハートを射止めるまで様々ところで応用されています。

 

もちろん、ただ飾っておくだけではダメで、日々願いを込めて願掛けをしなければなりませんね。